2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾さんのインディーズ時代のアルバム【LOVE STRINGS】の中の曲です。
何年も前から弾いてみたかったのですが、耳コピに時間がかかりそうなので、
あきらめていましたが・・・
一応、弾けるようになって嬉しくなり、動画を作ってみました。



宵待月・・・満月の一日前の月のことだそうです。
なんとも情緒的な言葉の響きですね。

押尾さんのアルバムのこの曲にはこんなコメントがついています。
「せつなくも高鳴る想い 明日は満月 今宵の月」

満月より、ほんの少し欠けた、完全な形ではない月。
月に限らず・・・すべて満たされている状態でなく、その前の
あと少し、あと少し・・・という待っている時が
心躍り、どこか満たされるような気がします。


月といえば
以前、ギターとマンドリンでコラボした、
南澤大介さんの「月」もいいんです。
ギターバージョンもですが、こちらのピアノバージョンも素敵です。



スポンサーサイト

昨年、開催されていた国立新美術館での「ルーブル美術館展」
そのテーマ曲だった押尾さんの美しい曲です。

この美術館展のテーマは、人々の日常生活を描いた風俗画で、
そこには、さまざまな身分や職業の人々が描かれているそうです。
美術展のページ http://www.ntv.co.jp/louvre2015/supporter/

「すべての人にそれぞれの美しい人生がある」
「人生にはいろいろなことがあるけれど、
 やっぱり今生きているってことは素晴らしい。
 僕もそう思える人生を歩みたいです。」


これは、この曲への押尾さんの言葉。。。

どんな人々にも大切な人生があって、
たとえ、わぁ~~!という輝いた大きな出来事がなくても
日常の中にこそ、幸せや美しさがあるんだと、日々感じます。

ただ、この美術展で展示されている絵画を観ていたら・・・
また、押尾さんの言葉とこの曲へのイメージが深まったかもしれません。(^_^;)

☆☆☆☆☆☆☆


ギタ友のモーさんからのアドバイスを元に
アルバム・押尾さんや他の方のyoutube動画の
あちこち・混ぜこぜカバーで弾いています。

左手親指は…添え木無し・テーピングだけで
無理なく弾けるポジションと運指を選びました。


ただ、エンディングは、
アルバムverでは最後のポジションにいきなり持って行くのが
私の指には厳しく、かといって動画verは耳コピできず・・・


試行錯誤して結局『ずっと・・・』のフレーズで持って行き、
音減らして終わらせました。


いろいろ変えてごめんなさい、プラス ミスありですが、
この曲の美しいメロディラインは、残せたかな・・・と思います。


押尾さんの演奏ではこの動画が好きでコピーしたかったんですけど
イントロ・エンディングはもちろんコピできず、
他も全部は、コピーしきれませんでした。雰囲気だけ・・・(^_^;)

https://www.youtube.com/watch?v=sdrg6_0FGlk

そして、だいぶ前からですが・・・
音量を上げたり言葉入れるためにムービーメーカーを使うと
どうしても画面がカクカクしちゃいます。

ソフト買った方がいいんでしょうけど、
あと何回使うことがあるか、わからないので・・・がまん。

一応ZOOMファイルそのままの動画もUPしてあります。
https://youtu.be/VlbduLZirME


☆☆☆☆☆☆☆

この記事で一番書きたかったこと。。。。

この頃は・・・
外見や金銭的価値やステータスに関係なく
純粋なものや、無垢無邪気なもの、
目に見えない、美しく温かい人の気持ち、
そういう空間に触れた時に心がとても喜んでいるような気がします。


ユウゲショウ(夕化粧)
これは庭に咲いている野草『夕化粧』

な~んて、胸が切なくなるようなことを書いていますが
明日の保育園訪問予習で、赤鬼コスプレ中のまま、
PCに向かっている、可笑しな光景ですよ。

最後まで書いたので普段着に戻ります。

ご訪問、ありがとうございました♪ \(^o^)

遠出の訪問も終えて、しばしゆっくりと動画を観る・・・

今日、友人に教えてもらったペロロヴ(Per-Olov Kindgren)という方。
youtubeで人気が出た方らしい。検索すると遅咲きのギタリスト、とあった。
この方の演奏を聴いていたら、あれこれ止まらなくなって・・・
記事に残しておこうと、急に思い立って、書いている。





美しい・・・♪( ´▽`)

そういえば、私のクラギ黄昏の動画の関連動画で知った、PEKOAPRIさんという方。
この方も美しい音色。



そして、あのKerokichinosukeさんの舟歌の動画が観たくなって行きつく。



今夜は、クラギの音色に癒される晩となりました。
おやすみなさい♪♪





まずちょこっと近況を書いておくと・・・。(^_^;)

昨年から、前からの訪問場所に加えて、
ある病院の筋ジス病棟に月一の予定で、
キーボードとふたりで歌の伴奏に行っています。

患者さんから依頼される曲は、自分の知らない曲もあって、
まず歌を覚えるのに精いっぱいですが、
今は、便利なことにネットや動画で、
いくらでも昔の曲を知ることができるんですよね。

知っている曲はもちろん、未知の曲は、大助かりです。\(^o^)/

そして、この年齢になって初めて、
「こんないい歌詞だったのか!」と感じることも増えました。
歳ですねぇ~~~

まあ、そんなこともあり、他の歌や演奏、劇?などの訪問回数も増えて、
最近は、ソロ曲に関しては、今まで弾いてきたものを少しだけ~になっていました。

以前だって、ちゃんとは弾けていなかったので、影響がないと言えばそれまでですが
この頃、凹むのは、前と同じように押さえられない指使いがあること。(^_^;)

「こう弾いてみたい内容」と「弾ける範囲」のギャップが
技術的だけでなく、物理的にも大きくなってしまいました。

伴奏でも、lowBはもちろん、
何でも無かったDm7onGは、結構親指に神経を使うのでキツく、
先日は、伴奏が途中で出来なくなったこともあって、
まったく情けなかったですね・・・(ノд-。)

毎年3月11日に弾いてきた岸部さんの「花」に至っては、
何度も出てくるここが、まず不可能・・・
hanatab.jpg

鉛筆書きのようにポジションを変えたら、
音質が変わったり、
チューニングをきちんとしないと動画のように音程も危ういですが・・・



一応 「弾けた」
ので、まあ許容範囲です。≧(´▽`)≦
同様に、最後の6弦6と2弦2も、変えました。

他の曲も、フレットを変えたり、和音のひとつふたつを減らしても
自分的には、「楽しむ」範囲内では、許せることがわかりました。

「黄昏」も、10thの楽譜を見てはみたのですが、
ハイポジでは弾けない部分があって、自分流に変えました。
今回はクラギの方が気持ちが入ったので、そっちを残しました。


それで思ったんですが・・・

鍵盤楽器って、その場所でしかその音が出せないけれど、
ギターって・・・どうにかなる柔軟な楽器なんじゃないか!!と。
和音だって、細かいことこだわらなければ、ひとつ減らしてもどうにかなるし・・・

今更と言えばそうなんですが、自分が切羽詰まってみて、
なんて魅力的な楽器なのだろうと、あらためて思うのでした。☆彡(^.^)

P.S
あ、オカリナも音によっては、押さえ方変えて、
適当に息の強さでごまかしています。
この頃は、ごまかしながらでも、楽しむことを優先しているってことかもしれません。(^_^;)

とりとめもない、内容の記事へのご訪問、
恐縮です。。。。ありがとうございました。




迷いの記事になるかな・・・(^_^;)

私が「1本しか残せないとしたらこの子・・・」と思っている子を記しておく。

こうして背景がかっこいいと、いいとこの令嬢みたいだけど・・・
3本のアコギの中で一番安くて古い子である。

yamaha.jpg


普段の訪問はA.Yairi(エレアコ)がよく働いてくれている。
時に他の荷物に押されながら、時に打撲や擦り傷を負いながら、
時に知らない指や手で触られながら、
たくさんの人に音を届ける役目を果たしてくれている。

kantaro.jpg

ソロ曲よりも伴奏を弾くことが増えた近年は、
この子がいれば、いいかな・・・とも思った時期があった。

代役として、とピックアップも付けてスタンバイしてくれている子もいる。

history.jpg

けれど、ずっと気になっている一番好きな子は冒頭の子。
一番付き合いの長い、私の指にも楽なフレット、声も好きな子。

ただ・・・

ネックの根本にひびが広範囲に入っていて、
「新しいものを買った方がいいですよ」と言われたこともある。
でも、自分とは一番相性がいいと思うから・・・代わりはいない。

それと、リペアに出すには・・・
安い初心者向けのギターにはものすご~く贅沢なことだから出すつもりはなかった。

でも、ある時
「もし、そう遠くない将来、訪問することもなくなって、
 自分のためだけに自分の好きな曲だけを弾くとしたら・・・」
「1本しか残せないとしたら・・・」
・・・と考えた。

若くないし、指もこんなんだし・・・
何かに限りがあるとこんなことを考えるものなのかな。(^_^;)

その時に できるだけ、この子を大事に残したいな、と思って
思い切ってリペアに出すことにした。
わかりにく写真だけれど・・・↓

リペア前

yamahabefore.jpg

昨年の夏、『すみません』を連発しながら混んだ電車に乗った。
預けて帰る時、ボディに触れて「いい子でね」と言ったらウルっと来た。

家族には、実に理解されない感情だな~と思いながら・・・≧(´▽`)≦

接着剤を注入してもらい、ブリッジピン調整もしてもらい、
アンフィニさんの部屋では気がつかなかったけれど、
自己流で付けたストラップピンの下にフェルト?も敷いてもらっていた。m(__)m

引き取りに行くのが秋になってしまったので、
私の手元を離れた時間がこんな長かったことがなく
さみしかった・・・

これも、家族には理解されない感情だね。。(`∀´)

リペア後

ライトなどの弦を張ること、かならず弦を緩めてしまうこと、を言われて
また、いろいろなギターの話を聴き、帰ってきた。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆

・・・久しぶりに弾く黄昏。

仲間との合奏・パフォーマンスは、【音楽の】幸せな空間なのだけれど、
それは、私ひとりでは絶対作り出すことはできない。
仲間や一緒に歌ってくれる人々がいないとその幸福感は得られない。

ふとした時に、自分ひとりでも作ることができる【音楽の】幸せな空間は
ソロギター

「1本しか残せないとしたらこの子」YAMAHAで
「1曲しか弾けないとしたらこの曲」押尾さんの黄昏を弾ける時間。


な~んて感慨にふけっていたら、ネットでこんな動画を見た。

kusanagi.jpg

https://twitter.com/noel99l/status/686927391256530944

(;'д`)ウーン…

楽器にも自分の指にも気持ちにも一番いいのは・・・

弾く楽器をこの子に絞ってピックアップをつけて連れて歩くことなのかもしれない。

でも、もうあまり外に出したくない、身体をいじらずそっと大事に弾きたい、と思う。

でも、すねていじけてるだろうな~~とも思う。(笑)

ああ、どうしようかな・・・







ぎたーかあちゃん

Author:ぎたーかあちゃん
音楽♪大好きです。
学生時代、マンドリンオケの
ギターpartでした。
現在は友だちと3人で
音楽ボランティアをしています。

ソロギターは・・・
なかなか挑戦できなかったので、
最近はソロに挑戦!
オカリナも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。